交通安全のススメ

このページではこのサイトを見ていただいてる方々に安全運転のすすめとして、警察や安全協会からの広報を転載しております。何故このようなページを作っているかと言いますと、私が自社の安全運転管理者として社員の安全運転の啓発や指導を行っており、その一環としてこのサイトを見て頂いてる方々にも悲惨な事故に巻き込まれないよう、少しでもお役に立てれば幸いと広報を掲載していきたいと思います。

活動報告

自転車事故に注意

5月は自転車利用のマナーアップ期間となっています。この時期サイクリングは気持ちの良いものですが免許も講習もいらない自転車は手軽に乗れる車両です、それ故にルールを知らずに利用していては大変な事故につながる可能性があります。あくまで自転車は車両です、加害者側となり事故を起こした場合重い刑事罰や多大な賠償を課せられることがある事をしっかりと認識して自転車の安全利用を心がけましょう。

令和2年広島県交通安全ポスターとスローガン

令和2年の広島県交通安全ポスターならびスローガンが発表されました。交通ルールは道路を利用するすべての人や車両が円滑にかつ安全に利用できるように設定されており、その中で一人が身勝手な行動を行えばそのルールは破綻し円滑安全ではなくなってしまいます。己が身勝手な行動で自身だけでなく他者その周りの人生まで変えてしまう、そのようなことが起きない起こさないためにもルールを守って心にゆとりのある運転をお願いします。

12月1日から安全運動とながらスマホの罰則強化

今年もいよいよ師走となり街も慌ただしく動き出しました。そして交通事故が一年で一番多発する月でもあります。仕事に追われ気もそぞろで車のハンドルを握っていると注意力の散漫から交通事故を起こしてしまいます。運転中は仕事を忘れろというのは無理でしょうがまず深呼吸して心を落ち着かせてからハンドルを握り安全運転を心がけましょう。

12月1日から交通安全運動が始まります、それと同時にスマートフォンを使用しながらの運転の罰則が強化されますので運転中はスマートフォンなどの使用は絶対にしないように車を止めてからの使用をお願いします。

安全運転で交通弱者を守ろう

4月になると新年度新学期と新しい環境での生活が始まる人も多く、子供たちは特に新しい学校に友達と賑やかな毎日のことでしょう。そうなると登下校時も遊び時間の延長となってしまい交通事故に巻き込まれる件数がふえてきます。まだまだ交通社会に不慣れな子供たちなので私達大人が交通ルールやマナーの手本となり子供たちを交通事故から守るよう心がけなければなりません。