交通安全のススメ

このページではこのサイトを見ていただいてる方々に安全運転のすすめとして、警察や安全協会からの広報を転載しております。何故このようなページを作っているかと言いますと、私が自社の安全運転管理者として社員の安全運転の啓発や指導を行っており、その一環としてこのサイトを見て頂いてる方々にも悲惨な事故に巻き込まれないよう、少しでもお役に立てれば幸いと広報を掲載していきたいと思います。

活動報告

広島県特別な夏の交通安全週間

いよいよ中国地方も梅雨入りをし水辺のカエルが元気に鳴いており雨を喜んでますね。雨天の車の運転は非常に気を遣います、路面の不安定や視界不良と事故を誘発する要因が雨の日は増えます。皆様も雨の中の運転は車間距離や速度を十分に注意して安全運転に努めるようお願い致します。

7月11日から20日まで広島県独自の交通安全週間が始まります。広島県内では交通死亡者数が去年に比べ大幅に減少しており県の目標である75名以下を達成するために車両歩行者共に道路の安全な利用を心がけましょう。

令和最初の安全運動がはじまりますよ

新年度新学期で環境が変わった人たちもそろそろ新し生活に慣れてきた頃ではないでしょうか。特に5月は子供たちは新しい友達ができ放課後の活動が活発になり子供の事故が急増します。交通ルールにまだまだ疎い新小学生はその中でも事故の割合が特に多くなってます。車両で子供の近くを通るときは咄嗟の動きに対応できるようスピードを落とし交差点では飛び出しがあるものと想定して進入する、子供がいる家庭では交通ルールの教育など幼い命を守るため私達大人がしっかりと守ってあげる必要性があります。

安全運転で交通弱者を守ろう

4月になると新年度新学期と新しい環境での生活が始まる人も多く、子供たちは特に新しい学校に友達と賑やかな毎日のことでしょう。そうなると登下校時も遊び時間の延長となってしまい交通事故に巻き込まれる件数がふえてきます。まだまだ交通社会に不慣れな子供たちなので私達大人が交通ルールやマナーの手本となり子供たちを交通事故から守るよう心がけなければなりません。

焦る気持ちでハンドルを握らないで

三月は年度末ということで慌ただしく動いている方もおられるのではないでしょうか、この時期は花粉症の時期でもありイライラ要素がたくさん飛び交い交通事故も多発しております。仕事と体調のイライラを車の運転に持ち込まないで心穏やかな気持ちでハンドルを握り自分にも他者にも優しい運転を心がけましょう。

今年の広島県交通安全スローガン

広島県で年間使用される交通安全スローガンとポスターが決まりました。スマートフォンの普及で社会問題となっている「ながらスマホ」イヤホンまでしていると視覚聴覚ともに情報を遮断してしまうので非常に危険な行為となります。他者や自身の命を守るためにも道路を利用する時はしっかりと周囲の状況を確認できる状態にしておきましょう。

» 続きを読む