ブログ

サイト管理人のブログです。

2017年9月よりサイト管理人が変わりました、不定期更新ではありますが日々の何気ない一コマを書き留めていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

ブログ一覧

桜の筆影山と竜王山

朝は少し肌寒いけど日中は暖かく丁度過ごしやすい季節になりましたね。桜も見頃で天気もいいとなると…こりゃ~出かけるしかないな( ー`дー´)キリッ ということで、今日は三原で桜の名所の一つ筆影山と竜王山に行ってきました。

↓筆影山標高311m山頂の展望公園には約2,000本の桜が咲く春の名所。展望デッキに上がり桜に囲まれた景色は御伽話に出てくるような世界。夜は更にライトアップもあって幻想感が加速!本当に桜花には不思議な魅力がありますよね…これって日本人特有?↑山頂からは三原の市街と瀬戸内海が一望できます。

次に向かったのが筆影山のお隣100mほど高い445mの竜王山。山頂からの景観は筆影山とならんで瀬戸内海随一の眺望とのこと。ここからしまなみ海道10の橋のうち7つがみえるそうで、天気も良ければ四国山地も望むことができるそうなんですが快晴の今日ならちゃんとみえるかな。

駐車場からほんのちょい歩いて山頂の公園に到着。ここも桜が満開🌸お昼も近かったんでベンチに座ってランチタイムの方々もちらほら。桜を愛でつつ瀬戸内海と島並眺めながらのランチは最高だろうなぁ…と桜にばっかり気を取られてたけど海を眺めてみると…多島美とはよく言ったもの、内海ならではの静かな海と島々。派手な美しさはないのですが眺めていると落ち着くそんな美しさがありますね…最近疲れているそんな方々如何です?この穏やかな風景が『肩の力を抜いてもっとのんびりしよう』と語りかけてくれて、心の疲れを癒してくれると思いますよ。

竜王山山頂へは国道185号線(須波)から竜王みはらしラインを使って車で気軽に行けますので、春だけでなく四季の移ろう瀬戸内海を是非見に行ってはいかがでしょうか。

竜王山山頂付近の能満寺、鐘を打ちたい衝動を我慢。あとここが三原でNHKの電波を初めて受信した記念の場所みたいですね。

2021年04月06日

紅葉の佛通寺

沼田川堤防の草叢から聴こえていた秋虫の音色も聴こえなくなり、朝晩の冷え込みが厳しくなってきているこの時期は三原の名勝でもある佛通寺が紅葉の盛りの時期でもあります…と、いうことで佛通寺へ紅葉を観賞しに行ってきました。

この時期は特別拝観を行っており普段は入れない所を見学させてもらえます(拝観料300円)が建物の隅から隅までということではないみたいなので少し残念でしたが、仏殿へ入れるのはこの時期だけ!

長い石段を上って多宝塔から見た境内、ぐぬぬ…木に隠れて仏殿が見えないぞ(;´Д`)

一通り見終えてちょっと茶屋へ、歩き回ってはいたけどやっぱりこの辺は寒いですね~アツアツ甘酒に生姜を少々加えて体を温めつつ参道を眺めていたんですが、まだ10時頃という時間帯でも結構な観光客が来てて一番近い駐車場も満車状態、早い時間にきててよかったなぁと(ここ以外の駐車場はちょっと歩かなきゃいけないよ)

今年は7日から29日まで夜間のライトアップを行っているので一味違う紅葉の佛通寺を見に行ってはいかがでしょうか。来年の紅葉は夜の佛通寺を見てみようかな。

2020年11月16日

休憩時間に平和公園

今日は仕事関係の講習会で広島市へ出張。講習会場は平和公園に隣接している建物で、ここだけの話観光気分も僅かながら?あったり。しかしながら広島県に引っ越してきて6年たちますが平和公園に行ったことが無かったので丁度いい機会でした(もちろん一番の目的は講習会ですよ…いやほんとに)

午前中の講習が終わって昼休憩、急いで昼食を済ませて平和公園を散策。75年前ここで起こったことを書き出すと長くなるので省いちゃいますが、とても落ち着いた空間が広がっていて…なんでしょうね世界からの鎮魂の祈りのおかげでしょうか、あの惨劇の跡地のも思えない癒しを感じられました。

原爆ドームも当時のダメージの上に老朽化と補修補強工事中。歴史を語る貴重な建物としてできうる限り永く存在してもらって、間違っても再び戦火でこの建物が無くならないように歴史遺物共々平和を守っていきたいものです。今日は残念ながら時間が限られていて資料館までは廻れませんでしたが、今度ゆっくり見学に訪れたいと思います。

2020年10月16日

涼を求めて滝めぐり

瀑雪の滝から広島空港方面へ向かって15分ほど中央公園が目的地。平日だったため人も疎ら、ここは運動公園でもあってサイクリングで汗を流す人が多いみたいです。レンタルサイクルもあるんですが今回は目的は滝です!舗装された道には用はないぜ!( ー`дー´)キリッ

と山道へ入っていったんですが獣道ですな…靴は選んできた方がいいですよ、滑りやすいとか飛び石で渡る箇所もあったり秘境へ行く感じがしてオラわくわくすっぞ!

山道(獣道)を歩くこと約10分、近くに聴こえる滝の音に歩みを早めたいところなんですが、足場が悪く滑りやすいので慎重に一歩一歩。

…そして無事滝に到着!さすが大河OP映像で使われただけあって素晴らしい美しさと迫力!ひんやりとした空気が辺りに漂っており道中で掻いた汗が瞬時に引いた感じとても心地いい空気でした。静かな森の中にある轟音じっと佇む木々激しく流れ落ちる水、相反する物が一つの空間で調和して一つの芸術を作り上げているこれがまた自然だからこそより一層の美しさと感動を見た人に与えるんですよね。

さて…滝を十分に堪能した後は来た道を帰るんですが今度は登りなんですよねぇ…折角汗が引いたのに再び汗だくに(;´Д`)↓道中こんなん見つけたんですけど食べないようにね。

2020年07月25日

暑い夏には涼を求め

梅雨に入り蒸し暑い日々が続きます。このご時世冷房の効いたショッピングモール等々屋内で人がたくさん集まるところで長居はできませんよねぇ…それなら屋外で人が少ないところへ行こう、と思いついたのが滝!?、緑に囲まれ清流は付近の空気も冷やしてくれて天然のクーラーきっと涼しいはず。ということで、まずは三原市本郷船木にある瀑雪の滝に行ってきました。

この近辺は災害時大きな被害を受けてここまで来ることはできなかったんですよね…滝の方もきっと被害をうけているはず…と心配しながら到着。駐車場からすぐそこみたいですね、所々に倒木などがありここもひどかったんだろうなぁと思いながら先に進んでいくと案内にあった橋は流されて仮設の橋で滝の近くまで行けるようになっていました。

滝に到着!離れていても飛沫が飛んできて冷たく澄んだ空気も気持ちいい、-イオンたっぷりッてやつで、幅4㍍落差30㍍小早川家を訪れた毛利元就もここに立ち寄り涼をとったそうです。滝壺すぐそこまでいけるので写真を撮ろうと近づくのですがカメラも眼鏡もレンズが水飛沫でべとべとですよ…近くまでは行けますが岩が滑りやすいので気を付けてくださいね、まぁ壺に落ちても浅いんで水浴びと滝行程度で済みますが(;´Д`A ```

次の目的地は大河ドラマ『毛利元就』のOP映像に使われた女王の滝へ。

2020年06月23日
» 続きを読む